借金をする人、しない人。

ゆるーる おうち > 暮らし > 借金をする人、しない人。

借金をする人、しない人。

書籍の宣伝、ゴシップ新聞、繁華街に張り付けられたビラやダイレクトメールで、「多重負債の合理化いたします」「負債を一本化しませんか」などといった売り言葉を見ることがあります。

それらは、「整理人」「買取専門人」「紹介業者」という通称の会社の宣伝のときもあるということなのです。

このようなものを使用したときには自己破産申請フローの中で最も大切な免責許可を受け取れない危険がありえます。

「整理人」の場合はビラなどで多重負債者を引きつけ法外な依頼料を要求して負債整理をやりますが本当は債務整理は行われないで、負債者はもっと借金スパイラルにはまってしまうときがほぼすべてになります。

「買取専門屋」は借金者のクレジットでデジタル用品、旅行の利用券を買い入れさせて負債者からそれらの品々を値段の1割あるいは40%で買い上げるという手口をとっています。

短期にはお金が懐に入りますが、カード会社から買ったものの全額の返済請求が届くことになり、借金額を増やす結果となります。

カード業者に対しての犯罪ということで免責承認を受けられなくなります。

「紹介屋」の場合人気の貸金から断られる負債人に対して直接的な融資は全くせずに、融通をする別の同業者を知らせ、高い手数料を出させる会社です。

紹介者は手の込んだ紹介で資金提供可能となったというふうに報告しますが、本当は何もしておらず種は簡単で審査の甘めのサービスを分かっているだけというやり口です。

このケースだと債務額を拡大させることになります。